先日、会社のお土産に和菓子の落雁(らくがん)を買ってきたところ、それがめちゃめちゃ美味しく、「自分で作ってたくさん食べたいなぁ」と思うようになりました。

そこで、会社であまり使われていない「CNC切削(せっさく)機」を使い、落雁のベースとなる「菓子木型」を作り、そこから美味しい「オリジナル落雁」を作ることにしました。

花や魚など様々な形をモチーフにした木型
「菓子木型」はこんな感じのものです。

このブログでは何回かに渡って、僕が落雁を作る様子を報告しようと思います。計画内容は以下の感じです。

計画内容

  1. 3Dプリンターで和菓子のモックを作成
  2. CNCで菓子木型を作成
  3. 木型から和菓子を作る
  4. みんなに食べてもらう

とにかくたくさん食べたいので、自分のこぶしを型どった、デッカい落雁を大量に作ろうと思ったのですが、CNCがそこまで大きくないのと、誰も食べてくれなさそうなので、会社にきたお客さんにもお茶菓子として出せるような「ライデン落雁」を作ろうと思ってます。

調べてみると菓子木型があれば、たいていのジャンルの和菓子をいい感じに作れるらしいです。余裕があれば落雁以外も色々作りたいです。

大変だと思いますが、早くたくさん食べたいので頑張れる気がします。