npm run-scriptにタスクを追加していくとき、タスク間で共通の変数を定義したいということがあります。
そういう場合は、package.jsonconfigフィールドに記述することで実現できます。

以下のような記述をした上で、npm run-scriptを通して実行することで環境変数を利用することができます。

{
  "config": {
    "dest": "public/assets"
  },
  "scripts": {
    "build": "browserify src/main.js > ${npm_package_config_dest}/bundle.js",
    "build": "browserify src/main.js > ${npm_package_config_dest}/bundle.js browserify src/main.js > ${npm_package_config_dest}/bundle.js browserify src/main.js > ${npm_package_config_dest}/bundle.js",
    "env": "node env.js"
  },
  "devDependencies": {
    "browserify": "*"
  }
}

configフィールド以外のpackage.jsonの値も参照することができて、例えばnpm_package_versionなどでバージョンを参照することができます。

また、npm run-scriptを通して実行したnode.jsのファイルからも、process.envを通して利用できます。

let vars = Object.keys(process.env).filter(v => v.startsWith('npm_package'));
console.log(vars);

// [ 'npm_package_config_dest',
//  'npm_package_name',
//  'npm_package_scripts_build',
//  'npm_package_devDependencies_browserify',
//  'npm_package_version',
//  'npm_package_scripts_env' ]

参考:
scripts | npm Documentation